読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身にしかケア・気遣いの宛先がないというのはなかなか苦しいことだ。同じひとりの人間・もの・ことだけに注意を向け続けるのが困難であるのと同様、人間いかに自分自身がかわいくて大事でも自分自身のみに集中し続けるのは不可能に近い。より目になって偏頭痛を起こしそうになる。

 


「枠内の個性」はうまい表現だ。

シロクマ先生の記事はいつもおもしろいんだけれども。いつかシロクマ先生にお手紙をお送りできる程度の(はてなブログで交流をする際に最低限身につけるべき)作法と知識と表現力が準備できたら言及してみたいな。

待っててや~。

 


 最近自意識どっぷり自分語りを書いていない。自意識の露出そのものを自分がやってもよいものかと悩んでいて、書きたくても書けなかった。また昔の話を肴にして緻密にねちっこく自分を描写するぞ。自分をさらけ出すぞ。むくむくと大きくなる自分に興奮し、誰も読まない長文をひとつくらいはここに置いておくぞ。

それは、ここのブログにとってはモニュメントあるいは歴史的資料館のようなものやな。だれも見ないけど、このブログを開設したいきさつやら理由などが書いてあるようなところ。

人間バンザイ。人とふれあってどうぞ。