読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1日の締めくくりにふさわしい動画を見て、納得してから寝よう……と思っているうちに朝がきた。

 

思えば情緒の欠落した1日だった。バイトをこなして、少し勉強して、パソコンにかじりつくだけの平凡な時間を過ごした。いや、平凡は大抵そうで、それらを味わうための心が死んでいた。五感からの情報、自らの言動、総じて心にたまったように感じない。どこかに穴でも開いていて、注いだ端から漏れ出していく容器のようだ。

 

何かをしなければ満足して布団に入ることができないが、何かをするにも心がはたらいていない。音楽をきいても、文章を読んでも、書いても、いまひとつピンとこない。

 

こういうときは諦めて眠れなくても素直に布団に入ってじっとしているのがよいのだろう。それでも夢の門をくぐるきっかけを求めて、地縛霊のごとく現をさまよい続けてしまう。

 

不本意だが、今日は終わりのない日として受け容れるしかない。