読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TIL Swedes are generally proficient in English because of the media.

このごろはYouTubeでいろいろな動画を英語でみている。英語の勉強とエンターテインメントを兼ねようというもくろみである。その中で、ゲーム実況者のPewDiePie *1は大変流暢なアメリカ英語を話すのだが、実は生粋のスウェーデン人だというのが意外だった。

 

And this is how he speaks and responds. これはテレビ向きの顔とでもいうべきもので、実際の実況ではもっとひどくやりたい放題である。



調べてみると、スウェーデンは娯楽番組を国外(主にアメリカ)からの輸入にかなり依存しており、さらにスウェーデン語話者の人口を考えると吹き替えはコストパフォーマンスがあまりにも悪いので、「英語の番組に字幕だけつけて流す」というスタイルが主流になる。スウェーデン人は幼少の頃からTVを通じて英語に慣れ親しんでいるので、必然的によく話せるということになる。スウェーデンではイギリス英語を教えられるというが、確かにPewDiePieが話すのはアメリカ英語であるし、彼に限らず大多数がそうであるという。

 

環境のおかげで自動的に英語がよく話せるというのは、英語の習得に時間と労力と費用をかけてきた日本人からしてみれば「努力もせずともバイリンガル」という事実がうらやましく聞こえそうだが、「国民全体が必要に迫られて特定の外国語を習得する」という状況が必ずしもよいことであるとは限らないことには注意しておく必要がある。「英語が苦手な日本人としての苦しみ」を認めつつ、「英語を身につけねばならぬ先方の事情」を思いやれるだけで、国際人レベルは高くなる*2

 

とはいえ、楽しんでふれ続けたものが強みになるということの好例として、頭の片隅に置いておきたい。久しぶりにドラマでも見てみるか。

*1:世界一稼いでいるYouTuberらしい

*2:国際人が何のことかわかってへんけどや