読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

東京からの帰路にて。

 

開園記念日で入場料がタダになるということで、いつになく関西下町根性を発揮し、上野動物園にも行ってきた。小さい子連れのファミリー、仲良しグループの中高生、多種多様なカップル、おばちゃんグループ、外国人観光客、めずらしいところではリクルートスーツを着た就活生グループなどでごった返し、もはや動物を見ているのかヒトを見ているのかわからないくらいだった。その時はさほど気に留めていなかったが、いま思い返すと、海獣がかわいかったような気がしてきた。ハシビロコウの檻周辺だけ、なぜかしら、オタクと思しき集団に囲まれていた。

 

後半は郊外に住む友人の実家で過ごしていた。こだわりの麻婆豆腐(とてもおいしい)をごちそうしてもらったり、ぼくのうちには置いていないゲームをやったりして気ままに3日過ごした。スマブラシリーズにおいて、ぼくは未来永劫にザコプレイヤーの域を出ないと悟った。

 

帰り際に新宿で新しい小説と、試みに立ち読みして漠然と面白そうな感じのした英語史の教科書とを買った。店内をぶらぶら歩いて目についた本を立ち読みして、買う。この流れはネット通販ではいまのところ再現されておらず、店頭販売ならではの趣があり、街中での時間つぶしに適している。

 

書いているうちに家についてしまった。東京は楽しかったが、家に着くとやはりほっとする。今日はゆっくり寝られる気がする。

東京にいる この後帰る

日記

東京にいる。


待ち時間に八重洲ブックセンターをぶらぶらしていたら『認められたい』を見つけたので買って読んだ。自分としては所属欲求の守備範囲の広さが目新しかった。全体を通して目から鱗が落ちるような話というよりは、なんとなく感じていたことがわかりやすい文章によって意識させてくれるという風な内容だった*1。だからこそ安心して読めたし、いつでも座右に置いて心に留めておきたいと思わせてくれる1冊だと思った。


ドコモの「自転車シェアリング広域実験」を試してみた。これはユーザー登録すれば都心部に偏って遍在する*2ポートで電動自転車を乗り降りし、後日利用分をクレジットカードで支払いできるというサービスなのだが、低料金の割に自転車はよく進んで爽快感抜群でなかなかよかった。唯一ケチをつけるとしたら、エンターキーが「入力確定」ではなく「返却手続き」のボタンになっていて紛らわしい*3ことと、自転車に乗り慣れない連れが車道から歩道に乗り上げる際にこけて怪我をしたことくらいであろうか。


その電動自転車で東京タワーへ行った。いまやスカイツリーの展望デッキの高さ350mに、全長333mを抜かされてしまった東京タワーだが、クラブ333をはじめとしたイベント作りに東京タワースタッフの努力が垣間見えた。観光地としての価値はまだまだ残っていると思った。


この後帰る。

*1:これはぼくがシロクマの屑籠の愛読者であることや、自分もまた先生の見つめる時代の一部であることによるのかも知れない

*2:千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区ではあちこちに設置されているが、その他の地域にはない。いわゆる「まれによくある」と同じパターン

*3:パスコードを入力して利用したときに、誤ってエンターを押すと「借りた瞬間返した」と見なされる。このために苦労した

ひとこと日記

ぼくは男でも女でもないとかいうわけのわからない、しんどいことを書こうとして、一向にまとまる気配のないまま数時間を無駄遣いしてしまった。多分まだ熟しておらず、したがって書いてやろうとこだわらない方がよい話題であるようなので、事実を淡々と述べて終わる。

 

昨日はちょっと上等な地酒をのみつつ夜更けまでトランプをやって、起きてみると、天気がよかった。バイト帰りに買ったケーキがまだ冷蔵庫に入っているのを思い出したので、いまから食べようか迷っている。

 

ありがとうございました。

ひとこと日記 日記

思いつきで自宅のWi-Fiを設定してみたらうまくいった。もとの機械にルーターを接続するだけで繋がった。長年失敗し続けてきたのがうそのようだ。いまもそのWi-Fi経由でブログを更新している。

 

昨日は「その時のノリ」としか言いようのない軽い動機で大文字山に登頂した。こちらも入学当初より、不到"大"字非好漢、いずれ登らねばならぬと決めていたことだったが、無精がたたって長らく実行にうつせずにいた。

 

送り火を焚くところから、北は岩倉、南は京都駅付近までを一望できることに驚いた。それはGoogleマップの街中視点と俯瞰視点のいずれとも地続きのおもしろい光景だった。山にほめられた。夕焼けでも見ようかとのんびりしていたら、いよいよ雲行きが怪しくなり、どうもこれから雨が降るということがわかったので焦燥気味にひょいひょい降りていたら、途中何度か足を滑らせた。山にたしなめられた。雨にも降られた。

 

ずいぶん暖かくなってきた。そろそろ外で体を動かすようなアクティビティをしたい。釣りとか、自転車とか。家にこもってばかりいると、春の陽気がもったいない。

日記

今日はTOEICの受験に行った。昨日のしょうもないエントリを書くのに夜中の数時間をつぶし、そのままなんやかやで朝を迎え、それでもなんとか1時間だけは眠った。こういうときはかえって眠らないほうがマシなのだろうか。


試験会場までの道中、なんと筆記用具を持参していなかったことに気がつき、開始10分前に会場入り口に到着するなり、あわててコンビニの場所をたずねたら、鉛筆2本と角の整えられた小さい消しゴムを貸してくれた。感謝である。


結果は、思わしくなかった。初心者にありがちな(実際初受験だが)間違うことを恐れながらゆっくり解いていたら最後の10問ほどに手をつけられないまま終了を迎えるというのをやった。もっとも、速く解いてきちんと正答できたかどうかは怪しい。とにかく、今度の結果はいまの実力として真摯に受け止めたい。近いうちに再挑戦する。


帰ってからもうひと眠りし、夕方ごろに起き出して、久しぶりに数学をやった。ふと思いついて、数年来使ってきたプラスチック製のシャーペンのクリップをえいやと折った。紙ヤスリがなかったので、包丁研ぎの余白で断面をまるめた。芯の接触面をコントロールしやすくなり、ずっと便利になった。


クレジットカードとAmazonプライムの組み合わせの強さに飽き始めていたので、こういうアナログな生活の知恵を絞ることも、たまには快い。

ぼくは君らが優勝した話で十分満足や……

エチケット袋 日記

今日は時給の安い方のバイトを3時間ほどやった。ぼくの集中力の持続時間、金銭的報酬、やりがい、その他副次的効果*1等を、もっぱら主観によっていい加減に総合すると、この「パリッと2-3時間」は「だらだら5時間」をはるかに上回る圧倒的充実感をもたらしてくれる。もっとも、この感覚は新しいシフトの組み方より本質的に誘導されるものというよりは、むしろ単につい最近シフトの組み方が変わった、その「変化」自体が引き起こすありきたりの新鮮さにほかならないのかも知れない。しかし、新鮮さ、刺激に引っ張られてばかりいると、ぼくは行く末に破滅を見るのではないかという、いまいち根拠ははっきりしないが、だからこそかえって恐ろしい、そういう風な予感がある。見極め、分析が必要である……というよりも、充実感を持続すべく、きちんと人並みの生活を送れというひと言に尽きる。いやしかし、それがどうしてなかなか難しいものなのだ……。


さて、この前置きという名の照れ隠しをしながら、本題に入るに、ますます青年らしいgreenでvulnerableな内面の吐露に移行するか、はたまた安居酒屋で散見されるdirtyでobsceneな学生のノリを発揮する方面で行くか、というところで迷っているのだが、効能書きは十二分なのでとにかく書き始める。また「続きを読む」で封をしておく。


苦手な人には苦手な話題だと思われるので、気をつけていただきたい。「これ、ダメなやつかも」と思ったらちゃんとペケをおすこと。要するに、露骨な性欲の話があらわれる。

 

*1:気分転換、外出・食事のきっかけ……

続きを読む

わるいチーズケーキ

日記

今日は賃金の高い方のバイトだった。賃金の高い方のバイトは、いまのクライアントとは大抵週に1回、決まった時間にある。内容も、まあ、クライアントによるといったところだが、いまのクライアントとのセッションは特に楽しいものだ。バイトと呼ぶのも野暮な、週に1回のわくわくタイムとでも称すべき貴重な時間だ。そのクライアントとの交流は、ぼくの心を若返らせてくれる。クライアントも、きっと、そのセッションを有意義に感じてくれているという。それはぼくの手腕でも、クライアントの世辞でもなく、窮極のところ相性なのだと信じている。こう述べていると、昨日の今日ということもあって、いよいよ告白しづらい仕事の連想をかき立てるが、さにあらず。単に、契約やら、義務やら、社会規範やらにふれぬよう、大事をとっているだけのことである。ただの神経過敏である。

 

帰りは夕方ごろで、いつもチーズケーキを2つほど買って帰る。もうすっかり癖になってしまった。メープル風味のチーズケーキが好物なのだが、来るころには大抵売り切れてしまっている。それでも他のケーキもおいしいので、不平は言わずに買って帰る。そんな事情を知ってか知らずか、帰り際に店主は「いつもありがとうございます」と言って、ぼくの気持ちを上手に膨らます。

 

夜中の1時だが、これからそのチーズケーキを賞味する。太るぞと止めても無駄である。ああ、なんと罪作りな、業の深い味。