きみはなぜ

本日は終戦記念日である。この2日間で、何度胃に鉛を感じ、脚が棒になり、重力加速度が倍加したか知れない。あらゆるものから解放されたいまはもっと勉強をしたいという気持ちがある。しかし、先のことはまだ何もわからない。もう2週間すれば虚無の世界に生きることになるかも知れない。


「きみはなぜファンデーションからアルジェブラ」


ぼくは抽象論*1が好きだから、それはウソではない。グループもフィールドも、またセットもトポロジーもおもしろいと思った。ただ、それは物事の一面にしか過ぎない。

 

本当は、一度挫折したんです、と言いたかった。ぼくはかつて背伸びして入ったゼミでぼこぼこになって、遠くを見つめながらスッーと失踪した。エクササイズのためにほかのすべてを擲ったために、結局何も身についていないことを深く恥じた。そうして「普通の」数学から半ば逃げるようにして、消沈しかかった興味が向かう最後の砦としてファンデーションを選んだ。

 

幸いなことに、それはそれでおもしろいと感じられた。対象そのものが興味をそそるものだったのか、あるいはその場に漂う和気にあてられてか、ともかくなんとかやっている。もちろんこのままこの道の先にあるものも見てみたい。

 

長らく「数学のできる人は苦労しないでも自ずからできる」という思いを払拭できないでいた。心のどこかで、そんな思いにとらわれることはつまらないと感じつつも、いま自分が取り組んでいること一切がひょっとすると無駄なのではないかという恐れが、どこまでも才能という単語の引力を媒介していた。心が失速すると、いつも同じ点に墜落した。

 

今回、院試ゼミという努力の過程は確かに楽しかった。日がな一日屋内に缶詰めで、ときどき神経がいかれて鼻水の洪水が起こったが、ちゃんと少しずつ成長している感覚があったし、人とのつながり、会話、連帯感が何より心地よかった。かつて自分で勉強したことが思わぬ形で役に立った瞬間もあった。許されるならば、この感覚を持って今後も勉強を進めたい。

 

やっぱり数学は人と人との間にあると生きてくる感じがする。スタンドアロンを前提とした数学はしんどい。人より突出することよりも、むしろ人となじんでいくという方角に向かって、まあとりあえず先が読めるまでは、歩み続ける。

 

「一度挫折したけれども、みんなで勉強し直して、やっぱり楽しいと思ったからです」

*1:言葉遊びともいう

われわれが商店街で消しかすをまき散らしている間に、世間は野焼きなどによって先祖の霊魂を見送っていた。それが終わって、今日ようやく復活した図書館に先陣を切って攻め込み、われわれ式の闘争をしていた。昼は野菜たっぷりのカレーをご飯300gから500gに増量して食べた。調子に乗って増やしすぎたかと思ったが、600gでも同じペースで食べられそう。それから購買に寄って新たに消しゴムを補充し、再び図書館に戻った。行きがけの駄賃に試し書きのミニホワイトボードに조선로동당と書き残した(中学生か)。明日まだ残っているか確認し、残っていたら消しておく。

 

思えば書いては消し、また書いては消し、計算用紙は古紙回収に出すばかりの日々であった。最終的な「形」は無だが、そこへ至るプロセスひとつひとつがわれわれの脳裏に刻み込まれ、われわれの軌跡として蓄積している。

 

夜は早めに解散して、居酒屋で息抜きをした。てっちゃんの串カツにはまっていて、求められている本数よりも1本余計に注文してしまう。ニューゲームが素直な感性で等身大に生きることを教えてくれるよいアニメらしい。このごろNK-POPにかまけてすっかりおろそかになっていたアニメもほどよく蓄積されてきたころだろう。そろそろ消化していきたい。

 

攻撃戦だ。あの校舎は我らの決戦場なのだ。天下分け目の戦いに一命捧げよう。

 

影響受けすぎやろ。

 

モランボン楽団 飛行士の歌 日本語字幕 - YouTube

North Korea Music 15 - YouTube

昨日までと同じファストフード店を主戦場に耐久戦をしていた。昼に天丼を食べ、夜に中華をつついた。何杯ものコーヒーでパリパリにきまっているところへ、そこそこなじみがあるようで実は部分群を決定するのに見た目以上の労力を要する厄介群に悩まされ、いよいよ思考停止に陥りかけたところで、レクリエーションにみんなで絵しりとりをした。メール、ルアーの後にパニックを起こして味の素を描いたものの、アジシオとの区別がつかないということで、残念ながら理解を得ることはできなかった。その頃には箸が転がっても笑えた。限界を意味していた。


いずれ、というよりもあと数日で終戦の日はやってくる。ところがその後のビジョンがまったく思い描けない。どうなってしまうのか。

決戦の日が近づいている。図書館の閉館にも負けず、慣れぬ街中へ繰り出し、1杯のコーヒーでファストフード店に張り付き、何時間も本と向き合う。とはいえ、さすがに空腹には勝てず、すいた胃のスペースを使って店側の迷惑を酌むなどして、実際には2時間ほどで一時撤退して昼食、夕食を求めてさまよう。学生らしくラーメン、牛丼をかきこむ。


授業の難解さ愚痴って、それを聞き流してくれる同志がいれば、文句ばかり言ってもつまらないと気づかせてくれる同志もいる。ストレスフルなたたかいは早く終わってほしいと言うが、終わってしまえば「ひとつの目標に向かってみんなでがんばる」ときに感じるあの快い一体感(かばおくんAA)も雲散霧消してしまうのではないかという憂いもある。

 

 

「共依存」を脱いでゆく

きっかけがあって、ある人にぼくがこれまで高校を中退してからどういう道をたどってきたのかを話した。何度もしているはずなのだけれども、いまだに上手にできない。正確には、なぜ中退に至ったかを言葉にするのがなかなか難しい。「ある女の子と付き合っていて、その子が情緒不安定だった"ので"何とか助けてあげようとしてもがきにもがいて、結局ままならず、こちらが先に疲弊してしまった」と、相手の関心のほどをうかがいながらおおざっぱな説明を試みる。試みながら、心の中ではそんな単純な因果関係では正しくとらえられていない流れというものがあると思って、強調の引用符をつけている。もっとも、それで今後の関係性に影響するような致命的な誤解が生まれることはほとんどなく、大抵は「そんなものか」と納得してもらえるので、対外的には問題ない。要するに、ごく私的な興味によってもっとしっくりくる言葉選びをしたいと考えている。

 

過去の出来事はもちろん変えられないが、過去の出来事を表現する言葉は変わりうるし、また変わることに意味があると思っている。それは振り向いて見る風景がいかようにうつっているのか、そしてそれをいかに考えとらえようとしているのかという、いまのわたしのありかたを明らかにする。過去の出来事といまの感覚とをシームレスにつなぐ言葉を探すことで、ぼくは自分自身を理解したい。

 

確かに、「共依存」はかつてぼくの中でよく活躍してくれた用語だった。この用語を知って自分に当てはめてみることで、「あの人とぼくはそういう危険な結びつき方をしやすい傾向のある組み合わせだったのだ」と苦しみの根源を外在化することができ、大いにメンタルヘルスの改善に役立った。しかし、相当に回復してきたいまとなってはかえって「自己の価値を低く見る」とか「相手をコントロールしたがる」などという記述の重力圏内で自分自身を規定する違和感のほうがまさるようになっている。自らすすんで着た「共依存」の病衣がすっかり窮屈になってしまった。

 

共依存」に頼ることなしに自分の人生の手綱を握り直したい。きっとぼくは未熟ながらも考えを最大限にはたらかせて行動していた。年相応の信念と理性とがあった。それが結果的に裏目に出てしまったが、それは直ちに「共依存的性質」を有するがために破滅すべくして破滅したことを意味するわけではない。ぼくはこの経験を不治の病ではなく、教訓として未来に活かすべき、また人間としての奥行きを増すような、そういう失敗として自分のものにしたい。

 

 

scribbling.hatenablog.com

 

友人が断続的に泊まりにきて、ふたりで関数解析をがりごり進めていた。

 

起きたら近所のファミレスでご飯を食べて関数解析、コーヒーを飲んで関数解析、夕飯を食べて関数解析。とても楽しかった。放課後の教室に居残って、みんなで気ままに黒板で問題を解くというのが、数学を通じて共有する、何気ないけれどもめちゃくちゃ楽しい時間だったということを思い出す。小腹が空いたら、学校のすぐ隣にあったローソンでファミチキを買ってきてかぶりついたりもした。このごろやっている院試ゼミもそうだが、こういうのを求めて大学にきたんやと言いたくなるような時間を過ごせている。

 

賛否はあるだろうけれども、ぼくにとって数学はコミュニケーションの口実という側面が強い。人と人との間に1冊の本をおくだけで、その関わりに深みが増す。あるいは数学でなくともかまわない。哲学書でも、小説でも、アニメでもマンガでも同じように人と人とが盛り上がる材料になりうる。とげとげしく「コミュニケーションの口実」と言ったが、穏当に言えば文化と称すべきものであって、ぼくはそれによって社会の一部であることを確認し、またそれを通じて生のよろこびを感じたいのかも知れない。

 

新しい概念を手に入れる楽しさ、問題を解く楽しさ、和衷協同することの楽しさが渾然一体となって、数学の楽しさとして感じられる。

怒濤のゼミラッシュが一段落し、代わりに鼻水ラッシュが到来した。夜中の冷房がちょっとききすぎた。

 

昼頃にのこのこと起き出して、友達と寿司を食べてから、久しぶりの休みにかこつけて肩の力を抜いたお気楽数学をやっていた。はじめてまともに関数解析の本をひらいた。どうも平壌の街並みのような整然とした世界が広がっているときいている。今日はシュワルツの不等式などを確認した。旅行にたとえると、パスポートのための証明写真を撮りに行ったあたりか。楽しさも旅行前のそれに近い。

 

夜はプレバトを見ながらそばを食べて、有限群論ゲームをやって、友達を見送った。ここには山も川もないけれど、ぼくはぼくのなつやすみを生きている。

 

釣りはどこでやってるんやという意見もあります。

 

追記: この間のロケット打ち上げ記念でモランボンが歌っているのを発見した。うれしい。オリジナルからするとだいぶ手の込んだアレンジをしている。

 

牡丹峰楽団 この地の主人たちは語るよ(이 땅의 주인들은 말하네) 日本語歌詞字幕付き - YouTube